団長挨拶

greet-head.jpg神奈川大学管弦楽団46期団長を務めております。堀尾拓誠です。私たち管弦楽団では、年に二回の定期演奏会に向けた練習を中心に、指揮者及びトレーナーの先生方の指導のもと、演奏技術の向上のため日々努力しています。
管弦楽団では一人一人の意見を大切に、全員で協力し、演奏技術の向上はもちろんのこと、団員それぞれが心から音楽を楽しめるような環境を目指しています。当団には初心者、経験者問わず在団しているため、個人の技量も様々ですが、演奏会や他大学との交流を経て、団員それぞれが高め合えるよう務めていきたいと思っております。
また、近隣の地域や小学校での依頼演奏を始めとした、大学周辺地域との繋がりを大切に、「地域密着型の管弦楽団」として愛される団体を目指し、音楽を楽しむことはもとより、管弦楽団を支援、応援してくださる皆様への感謝を忘れずに日々活動していきます。
今後とも、神奈川大学管弦楽団をよろしくお願いします。